ブランディングについての分かりやすい説明記事2選

recommend_icatch
Pocket

プラスデザインは小さなお店・会社・事業のファンをつくる!をモットーにしたデザインスタジオですので、
僕が読んだ記事の中から、そういった方たちに役立つ記事をピックアップしてみました!

今さら人には聞きにくい「ブランディングとは」

ブランドとは、
例えば、地域の焼き肉屋さん「ニクニク」なら、
・ブランドロイヤリティ:やっぱ牛タンなら、このニクニクにかぎる
・ブランド認知:あっ、あのニクニクって2店舗目出したんだ。
・知覚品質:ニクニクのお肉なら安全だよね
・ブランド連想:ニクニク=安心安全のおいしい焼き肉
という。ブランド価値を認識してもらうこと。

そしてその結果、
・収益アップ
・価格競争回避
・広告宣伝費の削減
などの効果を得ることだという話。

意外と知らないマーケティングとブランディングの違い

簡単にいうとブランドとは、お客さまに価値を感じ取ってもらうということ。
心理的な価値を持ってもらうこと。というお話。

上記のような認識を持ってもらい、覚えてもらうための手段として、
そして発信したものを、きちんと同じお店からの発信だと捉えてもらうために、
アイコンとしてのロゴとか、販促ツールのイメージ統一が必要です。

下記の記事は参考です。

小さなお店・会社・個人事業のファンをつくるために、ロゴ&デザインを活用するステップを考えてみた。

2015.12.20
Pocket

Facebookページに「いいね!」して最新情報をチェック!



ブログの更新情報をFacebookで発信中です。

PLUS DESIGN(プラスデザイン)は、ロゴデザイン/ブランディングデザインに特化したデザイン事務所。お店・会社・商品のイメージ&ブランド戦略の視覚的な部分を担う大切なロゴマークを、コンセプト重視&長期的に利用出来る汎用性重視!でデザインしています。


ABOUTこの記事をかいた人

PLUS DESIGN / Nobuyuki Hiroe

ロゴデザイナー/ブランディングデザイナー 。お店・会社・個人事業・商品のファンをつくる!をモットーに、デザインスタジオを運営している。ロゴマークを軸としたデザイン活用による「事業・商品のファンづくり=ブランディング」を使命として活動中。今までの経験をもとにできることは何か?試行錯誤しながら、奮闘中です。