小さな事業にこそ必要!ストックビジネス+ブランディングという考え方。

stockbusiness-book
Pocket

なかなか作り上げるのは難しいけれど、ぜひ構築したいストックビジネスについての本「ストックビジネスの教科書」を読んだので思ったことをシェアします。

ストックビジネスってそもそも何?この本での定義は下記のとおり。

  1. 継続的にお金が入る
  2.  ⇒月単位などで必ずお金が入ってくる

  3. 売ることができる
  4.  ⇒(その)人に依存していないビジネス

また「17のビジネスモデルと8つの課金モデル」ということで、具体例を載せてストックビジネスについて紹介されています。

小さな事業でもできる一例としては、下記のようなもの。

◎英会話教室、塾など
(ビジネスモデル)教室型
(課金モデル)固定課金

◎庭のメンテナンス、観葉植物レンタルなど
(ビジネスモデル)定期メンテナンス型
(課金モデル)固定課金

正直、「売ることができる」っていうのは、業種によってはとても難しい。
例えば僕のようなグラフィックデザインなどは、人によってできるものが違うから、同じ結果を提供することは不可能。

でも、「継続的にお金が入ってくる」という観点だけでいうと、色々とアイデアが出せるなぁと思いました。

例えば少し前の記事で書いた「パン屋さんにしてほしい新サービス」なんかは、月額固定のサービスとして展開したら良いと思う。新聞配達みたいな感じで。
うまく売り方を考えてPRする必要はあるけれど、製造するパンの量も見込みが立つし、何より売り上げが安定する。

どんな小さな事業でも応用が可能だなぁと感じました。

そして、この本の118ページから書かれていることがこれ。
「ブランドはすべてを解決する」

要するにブランド価値をあげれば、選ばれるようになり、価格競争をしなくてすむ。その結果大きな利益につながる。ということ。

この「ブランド価値」を伝えるために、デザインを活用することができる!と僕は思っています。

ストックビジネス + ブランディングデザイン

って小さな事業にはとても重要だなぁと思ったお話でした。

Pocket

Facebookページに「いいね!」して最新情報をチェック!



ブログの更新情報をFacebookで発信中です。

PLUS DESIGN(プラスデザイン)は、ロゴデザイン/ブランディングデザインに特化したデザイン事務所。お店・会社・商品のイメージ&ブランド戦略の視覚的な部分を担う大切なロゴマークを、コンセプト重視&長期的に利用出来る汎用性重視!でデザインしています。


ABOUTこの記事をかいた人

PLUS DESIGN / Nobuyuki Hiroe

ロゴデザイナー/ブランディングデザイナー 。お店・会社・個人事業・商品のファンをつくる!をモットーに、デザインスタジオを運営している。ロゴマークを軸としたデザイン活用による「事業・商品のファンづくり=ブランディング」を使命として活動中。今までの経験をもとにできることは何か?試行錯誤しながら、奮闘中です。