ビジネスも見た目が9割。顧客との最初の接点では印象はとても大きいと思う。

9wari
Pocket

ブランディングデザインの役割について、考えるところを少し書いてみます。

人は見た目が9割と言われますが、
それはビジネスでも一緒だと思うのです。

人の見た目には、
まずその人の思いが込められています。

こうなりたい・・・とか、
こうゆう風に見られたい・・・とか
私はこうゆう人ですよ・・・とか

色々あると思いますが、
そこには思いが込められていて、
ビジュアル的にメッセージを発信しています。

もう一つは、
相手がその見た目について、感じる思いがあります。

かっこいいとか、
やさしそうとか、
おしゃれだな、ファッション系の仕事かなとか。

こちらも色々ありますが、
やはり見た目でイメージを持ちます。

特に初対面では、見た目以外ではなかなかイメージがつきにくいと思うのです。

これはビジネスにおける第一印象でも一緒です。

商品や店舗の見た目には、
経営者の伝えたい雰囲気や思いがこもっていて、
顧客はその雰囲気や思いを感じ取ります。

名刺やパンフレット、そしてチラシなどでも一緒です。
やはりそこには雰囲気があり、
顧客はその雰囲気を感じ取ります。

ちなみに、デザインとアートはよく混同されますが、

アートが自身の思いを、ただ表現するものであるのに対して、
デザインは経営者の思いとか、顧客の考えという材料をもとに、
それをビジュアル的に伝えるために設計して、組み立てる。

そういう商品だと思います。

そこがデザインとアートの大きな違い。

デザインの意味。
それは何らかの思いを形にして、伝える。
とても効果的なツール。

デザイナーはその専門家。
プランニングも含めて大事です。

頑張らなければ!と思います!

皆様も戦略的にデザインを活用しましょう。

Pocket

Facebookページに「いいね!」して最新情報をチェック!



ブログの更新情報をFacebookで発信中です。

PLUS DESIGN(プラスデザイン)は、ロゴデザイン/ブランディングデザインに特化したデザイン事務所。お店・会社・商品のイメージ&ブランド戦略の視覚的な部分を担う大切なロゴマークを、コンセプト重視&長期的に利用出来る汎用性重視!でデザインしています。


ABOUTこの記事をかいた人

PLUS DESIGN / Nobuyuki Hiroe

ロゴデザイナー/ブランディングデザイナー 。お店・会社・個人事業・商品のファンをつくる!をモットーに、デザインスタジオを運営している。ロゴマークを軸としたデザイン活用による「事業・商品のファンづくり=ブランディング」を使命として活動中。今までの経験をもとにできることは何か?試行錯誤しながら、奮闘中です。