ブランディングからはじめる
事業ビジョンの実現

会社・お店・個人事業・製品・サービスの
「らしさ」をコトバとカタチに。
そして、伝えよう。

スモールビジネスは、勇気を出して「事業を選択・集中して一点突破」することで、オンリーワンになることができます。

事業や製品の持つ「らしさ」つまり個性(アイデンティティ)を、分かりやくコトバで表現する。

さらに伝えたいイメージをロゴマークとして視覚化することで、その土台をつくることができます。

そして、それらを上手に伝えること。

そのためには、名刺などの基本的なツールはもちろんプレスリリースやニュ−スレターなどの広報ツールの活用が必要かもしれません。

また、もしかしたらWEBマーケティングをはじめとするデジタルマーケティングが有効かもしれません。

コトバとカタチの土台ができたら、それらの「伝え方」をアドバイスしたり、サポートしたいと考えています。

PLUSDESIGN はもともと、制作実績にあるように「ロゴマーク」をメインに活動するデザイン事務所でした。

ロゴという視覚的な軸をベースに、各種デザイン制作物を統一して提供することで「視覚的なブランディング」をお手伝いしていたのです。

しかし、この活動を続けていくうちに感じたのはロゴマークをデザインするにあたり時間を掛けて行っていた「コンセプトワーク」から得られる価値です。

  • 自分の事業の方向性が明確になった
  • 事業を進める優先順位が明確になった
  • 自分の事業にワクワクした

このようなお客様の声をいただくことが多くなったのです。

ロゴマークをデザインする前にクライアントに質問を投げかけつつ「事業の方向性・コンセプトを明確にすること」を重視はしていましたが、このような感想を頂くことで「コンセプトを明確化する価値」にあらためて気づきました。

またコンセプトやロゴはゴールではなく、それらを伝えて改善してを繰り返しながらビジョンを実現するためのスタートなのです。

つまり作ったあと、様々な戦略・戦術をつかって運用していく必要があります。

そこで今後は、これまでの「ブランディングデザイン・広報企画・販売促進」などの経験を活かし、「コンセプトを作り、言語化・視覚して、運用する(伝える)」お手伝いをしたい。

そしてその結果、スモールビジネスの「事業ビジョン実現」ができれば、とても嬉しく思います。

ブランディングは継続・改善が重要なので、一定数の事業に深く長い期間関わることで事業内容を理解し、長期的なブランディングをサポートしたいと思っています。

外注先の業者ではなく、スモールビジネス(個人事業・フリーランス・中小企業)を一緒に進める「パートナー」と考えてください。

具体的なサービス内容は、サービスのページをご覧ください。